bblanks

bblanks200.gif

can_80.gif

HOME > 機能部品 > ラストプロテクター > ラストプロテクター サビの話

LinkIcon商品についてLinkIcon配線方法LinkIconサビについてLinkIconバッテリー上がり防止機能

サビのお話

ラストプロテクターが鉄のサビを抑止する訳

鉄のお話 ::::: まず、サビの抑止の前に、なぜ鉄が錆びるのか? から少し書かせて頂きます

注意 あくまでもサビのメカニズム・サビ防止システム「ラストプロテクター」を紹介する為のページです。
    科学的な表現に、不自然な部分も含まれます。

鉄の誕生

鉄は自然界に我々が目にするような形になって存在するものではありません。
鉄の原材料は鉄鉱石です。 鉄鉱石と言うのは鉄錆の塊です。鉄が錆びている状態です。
鉄は酸素や水と結合して錆として存在することが自然界ではごくごく普通のことなのです。
人間がその自然の法則に逆らう為に、約2000度と言う高温に加熱して酸素や水を取り除き鉄が誕生するのです。

鉄は鉄錆を人間が加工して初めて誕生するものです

鉄が錆びる

鉄は錆びるのではなく、「鉄がもとの鉄錆に戻る」と言う表現の方が適切な言い方かも知れません。
鉄鉱石と言う鉄錆を無理やり(?)人間が加工して作り出しているものですから
鉄は何もしないと、自然の法則で鉄錆になります。

一度引き離された鉄と酸素がなぜ再び結びつくのか? (物理的なお話し)

 その原理は100年も前に解明されています。

 鉄(Fe)の原子の中心はプラスの電気を持った陽子が集まっています。(原子核)

・・・プラス電気を持った陽子はマイナスの電気を持った電子と結合したがります

酸素(O₂)は二つの原子でできています。空気中にある場合は電気的に安定しています。
しかし酸素が水(H₂O)に溶けるとイオン化してマイナスの電気を帯びます。

・・・マイナスの電気を持った電子はプラス電気を持った陽子と結合したがります。
プラスの電気を持った鉄とマイナスの電気を持った酸素が結合し錆に戻ります。

物質 酸素・水素 サビ
元素記号 fe + O2・H2O = Fe(OH)3
電気 (+) (-) (±)

凍結防止剤・海水が錆を早める原因・・・

凍結防止剤と一般に言われていますがその成分は「塩化カルシウム」「塩化ナトリウム」「塩化マグネシウム」という化合物質です。
又海水の中に含まれる塩も「塩化ナトリウム」となります。
これらの化合物は、水以上に酸素をマイナス電気化させる性質を持っています。

つまり凍結防止剤は水より鉄を錆びさせる手助けをする

ことになります。

車や鉄製品が錆びていないのは・・・

はなぜ現在社会で目にする鉄は、赤茶けた錆の塊にならないのでしょうか?

それは人間の努力の賜物です。

前項にあるように、鉄は酸素や水と結びつくものです。だから人間は鉄と酸素や水と結びつかないように、鉄を隔離して使っています。

鉄を隔離する方法は? 鉄の表面に塗料や油(水の対敵)を塗ります。
鉄に塗料や油を塗ることで、鉄を酸素や水から隔離することができるのです。

今の新車を作る技術であれば、車は錆びません!

新車の状態であれば、、、ですが、、、、

しかし、塗装や油を鉄の表面に塗っても外的要因などで、はがれてしまいます。
剥がれてしまえば、鉄は酸素と結合・錆びようとします。
 元の形に戻ろうとします。

鉄(車)を錆びさせない方法・・・

鉄を酸素・水から隔離していても、何らかの要因でその壁が壊されるとどうしましょう?

新車の状態に戻すことが一番の策です。
タッチペンなどではがれた塗装部分を塗装し、鉄(ボディー)を隔離してしまうのです。

  しかし、

*車は走る度に、飛び石などで、傷ついています。

*車の下回りは更に、傷つき その傷さえ気が付きません

 現実的には、鉄(ボディー)を常に隔離することは不可能となります。

電気防食 ::::: ここからがラストプロテクター(電気防食法)

そこで、電気防食法

先ほどの話に戻りますが、鉄のプラスの電気持った陽子がマイナスの電気を持った電子を常に求めています。
そこで隔離された塗装と言う壁が少しでも破れた時に、マイナス電子を持った酸素と結合します。
 自然の成り行き、、です。

 鉄が常に求めるもの「マイナスの電気」を常に与えてやると、マイナス酸素と結びつくことをしません

つまりこれが 電気防食法 といいます。

電気防食とは、常にマイナス電気を欲しがる鉄に、マイナスの電気を与えてやり、酸素との結合を防止することを言います。
マイナスの電気を与えられた鉄は酸素と結びつく必要が無く、結果とし錆びない(錆びにくい)ということになります。

この電気防食と言う電気化学は100年も前からあるシステムとなります

ラストプロテクター とは・・・

ラストプロテクターとは、先に出てきました電気防食そのものを商品化したシステムです。

商品から出ている白線から、マイナスの電子を流し続けます。

ラストプロテクターから絶えずマイナスの電子を流すことで、鉄(ボディー)は電気的に飽和した状態に近い状態となります。

▲ ページトップへ

ラストプロテクターは車両のサビを抑止するもであり、サビを完全に防止・削除するものではありません。
ラストプロテクターは他の電子機器等に一切の影響を与えないよう設計されております。

商品ラインナップ

sheatcoverS.jpg

シートカバー
4WD専用設計のシートカバー

sus_p.jpg

サスペンション
リフトアップ&ローダウン

wide_logo.jpg

ワイドフェンダー
ワイドによりスタイリッシュに

rubber.jpg

シーリングラバー
シーリングラバー

ex_logo.jpg

エクステリア パーツ
ランプやべセル・リアウイング等 

cfm_logo.jpg

フェンダーモール
はみ出たタイヤをクールにカバー 

hilux_p.jpg

フロントスポイラー
170系ハイラックスエEXキャブ

brank_2.gif

インターミッション
ユーロブレード・サーフライン・・

165rustprotector.jpg

ラストプロテクター

165Freeze.jpg

イモビライザー フリーズ

165AIS.jpg

エアーインスペクター J-7000

165autolight.jpg

オートライトキット

165fendermole.jpg

フェンダーモール

165fakenut.jpg

リアワイパーフェイクナット

165chromewiper.jpg

メッキワイパー

165goodnel.jpg

グッドネル