bblanks

bblanks200.gif

can_80.gif

HOME > 機能部品 > ラストプロテクター > ラストプロテクター 取付方法

rust_big.jpg

LinkIcon商品についてLinkIcon配線方法LinkIconサビについてLinkIconバッテリー上がり防止機能

配線方法


-----取り付け方法-----

(A)配線の確認 (スタンダードタイプは(1)~(3)までの配線となります。)
 (1)赤線・・・バッテリープラス端子へ接続(約95cm)
 (2)黒線・・・バッテリーマイナス端子へ接続(約90cm)
 (3)白線・・・ボディーアースポイントへ接続(約2m90cm)
 (4)白線・・・ボディーアースポイントへ接続(約3m50cm)
(B)安全の為
 配線を行う前に、バッテリーのマイナス端子を外して下さい。
 (時計・ラジオ・ナビゲーション等のメモリーがリセットされ場合があります)
(C)RUST  PROTECTOR本体(以下本体)を取り付ける
 本体が安全かつ確実に取り付けることが出来る場所を探します。
 その際、バッテリーへの配線(1)(2)の長さを考慮してください。
 (エンジン付近や高温になる場所は避けてください。)
(D)ボディーアースポイントへの配線
 バッテリーのマイナス端子から直線で1.2m以上離れた場所で、ボディー
 鉄部分を探します。
  (ドアやボンネットの開閉部分は不完全な場合があり避けてください)
 (3)白線を純正のボルト等を利用して確実に固定します。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヘビーデューティーの場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (4)白線を車両後部等に(3)と同様に固定します。
  (ゴムやプラスチックで保護されていない穴を使用してください。)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (配線はエンジン付近や高温になる場所を避けて配線してください)
(E)バッテリーへの配線
 (1)赤線をバッテリーのプラス端子に接続します。
 (2)黒線をバッテリーのマイナス端子に接続します。
(F)配線を固定します。
 (1)から(4)の配線を付属タイラップを使い、固定します。
 配線が稼動部分に接触し無いよう注意して下さい。
(G)バッテリーを接続
 (B)で外したバッテリー配線を元に戻します。
(H)動作の確認をします
 本体のLEDが点灯していることを確認します。
 LEDが点灯していれば、RUST PROTECTORは作動しています。
(I)最終点検
 配線・取り付けを確認し、終了です。
 車両の時計等を合わせ直してください。

24V
----------取付方法----------


▲ ページトップへ

ラストプロテクターは車両のサビを抑止するもであり、サビを完全に防止・削除するものではありません。
ラストプロテクターは他の電子機器等に一切の影響を与えないよう設計されております。

商品ラインナップ

ラストプロテクター:電子錆防止機

トランスポンダーイモビライザーフリーズ

9mmメッキフェンダーモール

メッキワイパー

4WD専用シートカバー

ワイドフェンダー(オーバーフェンダー)

ワイドフェンダー用ゴム:シーリングラバー

20mmフェンダーモール

4WD用UP/DOWNサスペンション

エクステリアパーツ:ランプ・メッキカバー

LinkIcon会社情報 (株)キャン・コーポレーション